キッチンインテリアの作り方:ヒント、アイデア、写真

和風キッチン

日本のスタイルは、その中間色と簡潔に、それは南部のように大小のキッチンの両方の装飾のために理想的である北部の「部屋「および不十分点灯のために」ということは良いです。日本のスタイルは簡潔であるとして、さらに、内部に実装するにはあまりにも難しいことではありません。この資料では、小さなデザインガイドと感動的な写真を使用して、自分の手で日本式キッチンをどのように飾るかについて説明します。しかし、それはマットの上に行くと、これらのパーティションを障子が、唯一ので、私たちの国にし、世界中で愛されている日本式の適応バージョンの予約に一度。

和風の特色

実際、日本のスタイルは同じ近代的なミニマルですが、洗練されています。その主な機能を挙げましょう:

  • 主に木材、竹、石、天然繊維などの天然素材から仕上げ、家具、インテリア。
  • 明るいアクセントのないナチュラルな配色。原色:白、ベージュ、真珠、黄土、茶色、暗褐色、黒と緑;
  • 対称性、比例性および規則的な形状の幾何学;
  • 家具や装飾のミニマリズム、空間の厳密な編成(はい、日本式は完璧な注文と二重洗浄が必要です)。
  • 家具と技術の機能性。
  • 良い自然と人工の照明;
  • エスニックデコレーションアイテム。
  • 和室のインテリア
  • 和室のインテリア

仕上げ:壁、床、天井

キッチンの壁を和風で整えるのが一番です:

  • 装飾石膏;
  • 軽い中性色の染料;
  • ウッドパネル;
  • 壁の1つは、仕切りやスイングドアの代わりに日本式のスライドドアを設置して、一種の障子に変えることができます。

キッチンの内部にあるスライディングドア

エプロンは、石のモザイク、大きなタイル、石(例えば大理石)で装飾することができ、また、次の写真のように日本のテーマで写真を印刷することでスキンします。

桜の絵のエプロン

セックス

日本語の理想的な床は暗く、磨かれ、必然的に木製です。しかし、床や寄木張り板があなたの予算に合わない場合は、下の写真のように正方形のタイルを考えてください。白と茶色の四角形の四角は、日本の家のテーマをサポートします。

台所のインテリアのタイル床

天井

和式のキッチン – これは2レベルの天井と様々な吊り下げられた構造が内部で可能な限り有機的に見える数少ないケースの1つです。その他の適切なアイデアは、木製パネル、木製梁、天井の壁紙、または写真プリント付きのストレッチ天井です。

日本のデザイン天井の例は、次の写真の選択肢を見ています。

キッチンのインテリアの木製天井仕上げ

キッチンのインテリアの木製天井仕上げ

日本式天井

家具:キッチンユニットとダイニングユニット

日本のキッチン家具は確かに木製で厳密な幾何学的形状を持っています。

  • キッチンセットには、パネルを使わずにしっかりとした光沢のあるファサードが必要です。しかし、艶消しガラスのインサートは非常に適切です。
  • 広々としたキッチンでは、ダイニングテーブルは木製、石造、金属製のフレームとしっかりとした上部があります。しかし、キッチンが小さい場合は、大きな家具はガラスのような軽いテーブルトップを備えた金属や木材の好ましい軽い構造でなければなりません。椅子に関しては、おそらく、これらは合理化された形状を持つことができる家具の唯一の部分です。

以下は、日本式の家具の写真の例です。

和風キッチンセット

和風キッチンセット

和風キッチンセット

和風キッチンセット

和風キッチンセット

インテリア:照明、カーテン、アクセサリー

キッチンを日本語で照明する

中央のシャンデリアの照明や家具に加えて、確立し、天井の周囲にスポットすることが望ましいので、キッチン、和室での人工照明は、均一であることと、拡散しなければなりません。ランプのデザインについては、ここであなたはミニマリストやエコスタイル備品を選択することができ、例えば、木材、わら、ライスペーパー、さらには木の枝から作られた竹やジュートから織ら。ランプシェードの理想的な形状は、球形、正方形または長方形である。

和風キッチン

和風キッチン

和風キッチン

カーテン

典型的に日本のタイプのカーテンはパネル(「日本人」と呼ぶ)と竹でできたロールです。しかし、ローマのカーテン、普通のロールカーテン、木製のブラインドを選ぶことができます。自然な色の古典的なカーテンやファブリック上の和柄でも、厳格なスタイルを提供して良いでしょう。

  • キッチンのインテリアの竹からのブラインド
  • キッチンのインテリアの竹からのブラインド

キッチンの内部に竹のパネルカーテン

キッチンのインテリアのローマンカーテン

食器類と装飾

参考日本の家では装飾は最低限であるが、それは家族の伝統的な価値を人格化する最も尊敬すべき役割を担っている。家父長制の日本人のための「装飾」は、書道的に書かれた賢明な引用文、日本の彫刻、生け花の花瓶です。このすべてはTokonomaと呼ばれる小さなニッチに格納されています。現代の日本の住居の解釈では、トコノムを整理する必要はありませんが、装飾の原則は変わりません。部屋には装飾品はほとんどありません。

  • 植物だけが多くなることができる唯一のものです。ポット、盆栽、竹、蘭の花装飾フラワーアレンジメントで木をリビングとさくらは、キッチンのデザインが生き作り、空気になる – きれい。
  • 磁器、セラミック、ガラスの花瓶 – 彼らはニッチだけでなく、テーブル、床、キッチンセットまたは棚に置くことができます。
  • 壁の装飾の役割では、美しいフレーム、刻印、象形文字、武士と芸者のイメージで飾り付けの絵や写真を演出することができます。しかし、屋内に過負荷をかけないように、日本漫画に関与しないようにしてください。
  • チョッピングボード、果物料理、ナイフスタンド、カウンタートップやその他のキッチンアクセサリーは、インテリアの “禅”の雰囲気もサポートする必要があります。何よりも、この作業は竹で作られたアクセサリーに対処します。
  • 注意を払い、そして食器や調理器具の和風の選択だけでなく、寿司、日本のチーフ三徳包丁と日本料理の他のシンボルのための茶道、美しいセット用の鉄と粘土ティーポット、小さなカップを購入します。本物のアクセサリーはあなたの台所をどんな日本人の真の夢にもします。

日本式のキッチンインテリアの例は、次の写真の選択を見る。

日本式のインテリアとキッチンアクセサリー

  • 和室のキッチンの装飾
  • 和室のキッチンの装飾
  • 和室のキッチンの装飾
decor

Leave a comment